【気になった一冊】ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

 原田まりる ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

表紙の綺麗さに惹かれ買っちゃいました。

ニーチェだけでなくキルケゴールショーペンハウアー

サルトルハイデガーヤスパース

主人公であるアリサと様々な会話を通して哲学します。

哲学の道や鴨川を訪れたことのある人は

情景をイメージしやすく気持ちよく読めますよ!

 

うちの本屋ではすぐに売れた本です。